ホーム > 企業情報 > 安全・安心への取り組み > コンテナ移動生産システム(コンタミリスク対応)とMES(人為的ミス防止)導入

コンテナ移動生産システム(コンタミリスク対応)とMES(人為的ミス防止)導入

安全・安心を追求した生産設備

太陽化学の製品の多くは、最終的に皆様の口に入る「食品」です。だからこそ私たちは、現在のように「食の安全」への関心が高まるずっと以前から、安全・安心な製品の製造に注力してまいりました。その「太陽化学の安全・安心」の集大成として建設されたのが、2002年、三重県四日市市の南部工場内に建設されたコロナ工場です。
コロナ工場は、「最高レベルの安全・安心を実現し、かつ生産効率の向上を追求した最新鋭の工場を実現せよ」という社長自らの指揮のもと、建設計画が始まりました。

コンタミリスクをゼロにするコンテナ移動方式

食品製造工場では、アレルゲン除去のためにコンタミ防止対策が必須です。また、顧客企業からの流動的な発注にも即時対応できる少量多品種生産への対応も課題のひとつでした。アレルゲン除去のためには機器の洗浄の徹底が求められます。
一方、少量多品種生産は、機器のスピーディな洗浄処理が必要になります。これらの課題を解決すべく、食品分野の枠にとらわれないさまざまな方式を模索する中、医薬品工場で実績があった「コンテナ移動方式」に着目しました。
仕込みから混合、充填まで、パイプ等を使わずにひとつのコンテナ内で行う「コンテナ移動方式」はコンタミリスクがなく、洗浄待ちがないので生産効率が落ちないというメリットがあります。コロナ工場では、この「コンテナ移動方式」を食品業界でいち早く導入し、「安全・安心」と「少量多品種・短納期生産」を実現しました。

人為的ミスをなくすMESの全工程導入

さらに、人が介入せざるを得ない工程でもミスを徹底して排除するため、粉体加工ラインにおいてMES(製造実行システム)の全工程導入を行いました。人と機械で人為ミスを二重にチェック。また、万一ミスが生じた場合は次工程へ進むことができないだけでなく、記録の改ざんもできない仕組みになっています。
出荷ロットNo.から商品の履歴を瞬時に確認できるので、お客様企業からのトレース要求にも迅速にお応えできます。

コンテナ移動方式、MESとは

コンテナ移動方式では、各工程間をライン(パイプ等)を使わず、混合機のタンク部分を着脱式としてコンテナの機能を持たせ、そのコンテナ自体を全工程移動させていき、原料の仕込みから混合、充填、最後に洗浄までを自動で行います。
コンテナのコントロールは、中央監視室に設置されたMESコントロールステーションで行われます。
MESでは各種データをオンライン化し、ペーパー記入で起こりがちだった転記ミスや見誤りを防止。
作業ガイドや設備設定指示を中央監視室から一括で行うことで、正確性の向上や間接作業時間の削減を実現しています。

MESでの全行程コントロール