ホーム > メールマガジン > バックナンバー > メールマガジン【No.041 2016年1月配信】

メールマガジン

メールマガジン【No.2016-041 2016年1月配信】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
   Tomorrow Solution e-mail Magazine 2016-041
   ―――――――――――――――――― 2016年1月28日 ――
     太陽化学からみなさまへ 
     知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。
  ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
  このメールマガジンは、太陽化学が情報提供のためにお送りしています。
  「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。

  本日配信いたします内容はこちらです。

 ―[ Contents ]――――――――――――――――――――――――

 【1】『脳腸相関が科学的に説明できるようになってきています』
    京都府立医科大学附属病院 内視鏡・超音波診療部
                       部長 内藤 裕二 先生
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20160101.html
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  【2】腸内フローラのバランスを整えたいあなたに
   http://www.taiyokagaku.com/health/butyric_acid_phgg
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  【3】お知らせ [日本静脈経腸栄養学会学術集会(JSPEN 2016)]
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【1】脳腸相関が科学的に説明できるようになってきています
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   京都府立医科大学附属病院 内視鏡・超音波診療部
                       部長 内藤 裕二 先生

  脳の状態が腸に影響し、腸の状態が脳に影響する。脳と腸は連携し合い
  ながら、私たちのカラダや心の状態をコントロールしています。「脳腸
  相関」として医学的には以前からよく知られた現象です。
  最近の研究により、このような脳腸相関をある程度科学的に説明するこ
  とができるようになってきています。また、「腸内細菌」の働きが重要
  であることもわかってきています。
 
  内科医として患者さんと向き合い、また研究を重ねてこられた内藤先生
  に、「脳腸相関」に関する最近の研究情報や、腸内フローラを左右する
  ライフスタイルについてご紹介いただきました。
  ご自身の腸内環境を見直すきっかけに、ぜひチェックしてみてください。

 ▼脳腸相関が科学的に説明できるようになってきています
  http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20160101.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【2】健康を作る素材のチカラ Vol.22
    腸内フローラのバランスを整えたいあなたに
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今話題の「腸内フローラ」。私たちの腸内には、約1000種類、100兆個
  以上の細菌が棲みついており、そのバランスが私たちの健康にさまざま
  な影響を及ぼすといわれています。
  腸内細菌が作り出す、私たちにとって有用な成分の一つである「酪酸」
  は腸管免疫のはたらきを支える重要な役割を果たしています。

  今回は、水溶性食物繊維「グアーガム分解物(PHGG)」が腸管免疫のはた
  らきを支える「酪酸」を多く産生するという研究データをご紹介いたし
  ます。

 ▼腸内フローラのバランスを整えたいあなたに
  http://www.taiyokagaku.com/health/butyric_acid_phgg
 
  ▽健康を作る素材のチカラ シリーズ一覧はこちら▽
  http://www.taiyokagaku.com/health/category/fanctionalfoodscience

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【3】お知らせ [日本静脈経腸栄養学会学術集会(JSPEN 2016)]
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会(JSPEN 2016)[福岡]

  2016年2月25日(木)~26日(金)福岡にて開催の日本静脈経腸栄養学会
  学術集会(JSPEN 2016)にて、シンポジウム・セミナーを行います。
  本メールマガジン【1】【2】にも出てきました今注目の『腸内環境の
  改善』に関わる内容となっております。

 ◎特別シンポジウム(スポンサード)1 (SS1)
  排泄ケアにおける栄養学的リスクマネジメント

  [日時]2月25日(木) 9:00~11:00
  [会場]第11会場 福岡サンパレス 2F パレスルーム

 ▽特別シンポジウム(スポンサード)詳細
  https://www.jspen.jp/jspen2016/seminar_sponsored/#ss1

 ◎ランチョンセミナー12 (LS12)
  栄養ケアのリスクマネジメント ~入口も大切だけど出口だって大切!?~

  [日時]2月26日(金) 12:00~13:00
  [会場]第1会場 福岡国際会議場 3F メインホール
  [座長]田中 芳明 先生 (久留米大学医学部外科学講座小児外科部門/
     久留米大学医学部附属病院 医療安全管理部 部長・教授)
  [演者]吉田 貞夫 先生(沖縄メディカル病院 あがりはまクリニック
     院長/金城大学 客員教授)

 ▽ランチョンセミナー詳細
  https://www.jspen.jp/jspen2016/seminar_lunchon/
 
  ▼第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会(JSPEN 2016)
  https://www.jspen.jp/jspen2016/index.php

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ○このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
  このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  ○このメールはメールマガジン配信登録をいただいた方、これまで弊社
  関係イベントへ参加いただきました方、弊社スタッフが名刺交換をさ
  せていただきました方へお送りしております。
  ○掲載された記事を無断で複製、転載することを禁じます。
  ○その他不明な点やお問い合わせは support@taiyokagaku.com
  よりお寄せ下さい。
  ○配信を中止や登録内容の変更をご希望の場合は、
  お手数ですが下記URL内の配信解除フォームをご利用下さい。
  http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集:太陽化学株式会社 東京本社 TS 編集局 担当:上田
  〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目6-3
  E-mail:support@taiyokagaku.com
  発行:太陽化学株式会社
  〒512-1111 三重県四日市市山田町800番
  http://www.taiyokagaku.com/
  ※本メールマガジンに掲載されている記事の無断転用を禁じます。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2016 Taiyokagaku. All Rights Reserved.

メールマガジン

  • 執筆者でさがす
  • 項目でさがす