ホーム > メールマガジン > バックナンバー > メールマガジン 【No.2017-061 2017年10月配信】

メールマガジン

メールマガジン 【No.2017-061 2017年10月配信】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
   Tomorrow Solution e-mail Magazine 2017-061
   ―――――――――――――――――― 2017年10月26日 ――
     太陽化学からみなさまへ 
     知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。
  ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
  このメールマガジンは、太陽化学が情報提供のためにお送りしています。
  「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。

  本日配信いたします内容はこちらです。

 ―[ Contents ]―――――――――――――――――――――――――

 ★注目★
  【1】機能性表示食品制度で広がるビジネスチャンス
       ~食品開発展2017に出展して~
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171001.html

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【2】次世代食物繊維「グアーガム分解物」を知り尽くせ!
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171002.html

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【3】『食品由来高分子多糖の機能性』
      神戸大学大学院 農学研究科 教授  水野 雅史 先生  
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171003.html

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
  【1】機能性表示食品制度で広がるビジネスチャンス
       ~食品開発展2017に出展して~
  ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  機能性表示制度を利用した開発が健康食品のみならず加工食品でも定
  着しつつある食品業界。10月4日から6日の3日間、東京ビッグサイトで
  開催された食品開発展2017でも多くの出展が見られ、太陽化学も受理
  実績のある対応素材をはじめ多種の素材をご紹介いたしました。
  合わせて、年々高まりを見せる「ナチュラル志向」に応え、機能性と
  ナチュラルイメージを合わせ持った新たな素材のご提案もしております。

  人気の素材・機能など、食品開発展2017への出展からホットな情報を
  お届けいたします。

  ▼ 機能性表示食品制度で広がるビジネスチャンス
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171001.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【2】次世代食物繊維「グアーガム分解物」を知り尽くせ!
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「第6の栄養素」と言われて久しい食物繊維。摂取を心がける方も多く、
  その多様な種類や効能への関心が高まっています。そんな食物繊維に興
  味のある皆様にオススメしたいのが「グアーガム分解物」。インド、パ
  キスタン等で栽培されるグァー豆を原料とした水溶性食物繊維です。
  「次世代」と呼ばれる所以は何なのか?産地や製法、機能を含めて「グ
  アーガム分解物」をくまなくご紹介致します。 
  原料産地から製造工場の様子までを収めた紹介映像は必見です!

  ▼ 次世代食物繊維「グアーガム分解物」を知り尽くせ!
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171002.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【3】食品由来高分子多糖の機能性
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      神戸大学大学院 農学研究科 教授  水野 雅史 先生

  食物繊維はヒトの消化酵素で消化することのできない食品中の成分と定
  義され、便の量を増やして便秘を防ぐ機能のほか、様々な生活習慣病の
  予防に役立つことが知られ、常に注目度の高い食品成分です。その食物
  繊維の中には、腸管を介して疾病を改善する機能を持つ物質があるのは
  ご存知でしょうか。

  今回は、食品中の免疫賦活物質が腸管免疫系及ぼす影響を研究されてお
  られる水野先生に、食物繊維の“免疫”に関わる機能性の研究成果につ
  いてご紹介いただきます。研究対象になったレンチナンの他にも、高分
  子多糖の食物繊維について同じように新たな機能があるのではないかと
  期待が膨らみます。

  ▼ 食品由来高分子多糖の機能性
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171003.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
   このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  ○このメールはメールマガジン配信登録をいただいた方、これまで弊社
   関係イベントへ参加いただきました方、弊社スタッフが名刺交換をさ
   せていただきました方へお送りしております。
  ○掲載された記事を無断で複製、転載することを禁じます。
  ○その他不明な点やお問い合わせは support@taiyokagaku.com
   よりお寄せ下さい。
  ○配信を中止や登録内容の変更をご希望の場合は、
   お手数ですが下記URL内の配信解除フォームをご利用下さい。
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集:太陽化学株式会社 東京本社 TS 編集局 担当:鈴木
  〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目6-3
  E-mail:support@taiyokagaku.com
  発行:太陽化学株式会社
  〒512-1111 三重県四日市市山田町800番
  http://www.taiyokagaku.com/
  ※本メールマガジンに掲載されている記事の無断転用を禁じます。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2017 Taiyokagaku. All Rights Reserved.

メールマガジン

  • 執筆者でさがす
  • 項目でさがす