ホーム > メールマガジン > バックナンバー > メールマガジン 【No.2018-065 2018年2月配信】

メールマガジン

メールマガジン 【No.2018-065 2018年2月配信】

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
   Tomorrow Solution e-mail Magazine 2018-065
   ―――――――――――――――――― 2018年2月22日 ――
     太陽化学からみなさまへ 
     知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。
  ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
  このメールマガジンは、太陽化学が情報提供のためにお送りしています。
  「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。

  本日配信いたします内容はこちらです。

 ―[ Contents ]―――――――――――――――――――――――――

 ★注目★
  【1】おいしさ科学館コラム Vol.19「パラパラ感」って分析できる?
     ~チャーハンの例~
   http://www.taiyokagaku.com/museum/column/vol19.html

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【2】ポリフェノール研究の新たな展開 ~腸内細菌叢への着目~
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20180202.html

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
  【1】おいしさ科学館コラム Vol.19「パラパラ感」って分析できる?
  ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  おいしいチャーハンといえばどんなチャーハンですか?
  口に含んだときにほろっと適度にばらける『パラパラ感』のあるチャ
  ーハンではないでしょうか。そんなおいしいチャーハンをご家庭でプ
  ロの中華料理屋さんのようなクオリティで作るのは難しく、火力が問
  題なのか、具材を入れる順番が問題なのか…と試行錯誤をしたことの
  ある方も少なくないでしょう。家庭のみならず、食品の製造現場でも
  同じではないかと思います。
  課題の「パラパラ感」、改良できた時にはその度合いを表現したいの
  ではないか…と考え、おいしさ科学館ではチャーハンのパラパラ感の
  可視化に挑戦しました。

  ▼ おいしさ科学館コラム Vol.19「パラパラ感」って分析できる?
   http://www.taiyokagaku.com/museum/column/vol19.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【2】ポリフェノール研究の新たな展開 ~腸内細菌叢への着目~
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  (国研)農業・食品産業技術総合研究機構
   果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 
   流通利用・機能性研究ユニット長        庄司 俊彦 先生 

  赤ワインやお茶に含まれる『ポリフェノール』、健康に良いことから注
  目を集めて久しく、様々な食品に含まれるポリフェノールが生体に及ぼ
  す機能が研究されています。その機能性を明らかにする上で、ポリフェ
  ノールが生体のどの部分に作用してどのような影響を与えるのかを解明
  することは非常に重要な要素です。実は、ポリフェノールの機能性は
  「生体の外」である腸の中での腸内細菌叢と紐付いていることも明らか
  となってきています。

  今回は、果実が持つ健康機能性についての研究を行っている庄司先生に、
  リンゴやブドウなどの果物に含まれるプロシアニジン類と腸内細菌叢の
  関係の研究結果と、そこから考えられるポリフェノールの健康への寄与
  の可能性についてご紹介頂きます。

  ▼ ポリフェノール研究の新たな展開 ~腸内細菌叢への着目~
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20180202.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【3】お知らせ [ 学会発表(国内)・展示会出展(海外)]
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○日本農芸化学会2018年度大会(名古屋)

  2018年3月15日(木)~18日(日)に名古屋にて開催される
   日本農芸化学会2018年度大会シンポジウムにて、
   グアーガム分解物に関する口頭発表を行います。
  
   [日時] 3月18日(日) 午前
   [番号] 4SY15 (中部の企業からの情報発信)

  ▼日本農芸化学会2018年度大会
    http://www.jsbba.or.jp/2018/
    2018年3月15日(木)~18日(日) 名古屋

 ○海外展示会出展のお知らせ(アメリカ)

   2018年3月にアメリカ カリフォルニア州で開催される
   ナチュラル・プロダクト・エキスポ・ウエストに出展いたします。
   現地のご担当者様のみならず、今後の海外市場展開をご検討されてい
   る方、既に展示会への参加を予定されている方、ぜひ弊社ブースまで
   お越し頂きたくお待ち申し上げます。

  ▼ Natural Product Expo West/ Engredea 2018
    ~ Taiyo Int'l. Inc. 出展ブース【#4570】~
    http://www.taiyointernational.com/events/
    2018年3月9日(金)~11日(日) カリフォルニア州アナハイム

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
   このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  ○このメールはメールマガジン配信登録をいただいた方、これまで弊社
   関係イベントへ参加いただきました方、弊社スタッフが名刺交換をさ
   せていただきました方へお送りしております。
  ○掲載された記事を無断で複製、転載することを禁じます。
  ○その他不明な点やお問い合わせは support@taiyokagaku.com
   よりお寄せ下さい。
  ○配信を中止や登録内容の変更をご希望の場合は、
   お手数ですが下記URL内の配信解除フォームをご利用下さい。
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集:太陽化学株式会社 東京本社 TS 編集局 担当:鈴木
  〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目6-3
  E-mail:support@taiyokagaku.com
  発行:太陽化学株式会社
  〒512-1111 三重県四日市市山田町800番
  http://www.taiyokagaku.com/
  ※本メールマガジンに掲載されている記事の無断転用を禁じます。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2017 Taiyokagaku. All Rights Reserved.

メールマガジン

  • 執筆者でさがす
  • 項目でさがす